bpzDK-dZPMsAwQ5sRvGw5AhrKYnlexwvImthI-AmkcI

クロモリと神社と革と

自転車専門学校所属、元自転車販売店員の私、えんじの日記。クロモリとか革とか神社のこと話してます。

MTBクロモリフレーム製作⑥ 完成!!!! フレームに小物類を取り付け

えんじと申します。

 

前回の続きからやっていきます。

 

前回は後ろ三角の溶接をしました。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

今回はディスクブレーキ台座やアウターワイヤー受け、ドリンクダボなどの小物類を取り付けていきます。

 

 

 

まずはリヤエンドのダボ穴をそぎ落とします

f:id:rin_efficiency:20181017161923j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161921j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161946j:image

 

しょっぱなからめちゃくちゃバイオレンスですね。

ここでの加工があとあと大事になってきます。

 

 

 

 

 

試しに後輪をはめてみた画像がありました。

 

f:id:rin_efficiency:20181017162048j:image

 

こう見るとああお前、自転車になったんだな…と実感します。

 

 

 

 

 

続いて、ドリンクダボを取り付けていきます。


ドリンクダボ間は64㎜ですので、64㎜で印を付けます。

 


f:id:rin_efficiency:20181017162005j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161911j:image

 

写真で見るとどこに印があるかわからないと思いますが実際に見てる私もわからなかったです。

心のきれいな人だけがわかるあれです。

 

それだとこの記事読んでる人全員心の汚大人なんzy…

おっとインターホンがなったのでちょっといってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、

まず6,0㎜の穴をあけやすいように下穴をあけます。


f:id:rin_efficiency:20181017161935j:image

 

 

 

 

そして本穴をあけます。

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017162027j:image

 

 

 

そしてここにドリンクダボをカチっとはめ込みます。

0,1㎜単位でドリルを変えたのでぴったりです


f:id:rin_efficiency:20181017161957j:image

 

 

溶接をしていくために、フラックスという溶接を助けてくれる魔法の白い粉を溶かしたものを塗ります。


f:id:rin_efficiency:20181017161916j:image

 

 

 

レッツ溶接


f:id:rin_efficiency:20181017162042j:image

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161824j:image

 

完了です。

フレームとドリンクダボのとのわずかな隙間に、真鍮ろうを溶かして流し込み溶接します。

決してフレームを溶かしてつなげてるわけではありません。


f:id:rin_efficiency:20181017161853j:image

 

アップだとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

続いて、フロントディレイラーに接続するアウターケーブル受けを取り付けます。

 

 

穴はあけずに、アウター受けをフレームにのっけて溶接します。

 

 

フラックスを塗ります。
f:id:rin_efficiency:20181017162057j:image

なんか書いてあるのは寸法をメモしてあるだけです。

 

 

 

 

 

溶接!
f:id:rin_efficiency:20181017161839j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161849j:image

こんな感じで取り付けました。

 

向きを間違えたらフロントディレーラー使えなくなりますね笑

 

 

 

ダウンチューブやトップチューブなど必要箇所にも取り付けていきます。

 

 

ダウンチューブ。
f:id:rin_efficiency:20181017161906j:image

まず寸法通りに、アウター台座をダウンチューブに置きます。

 

 

 

 

 

フラックスを塗ります。


f:id:rin_efficiency:20181017161950j:image

 

 

 

十字の目印が大まかな中心です。
f:id:rin_efficiency:20181017162017j:image

 

少し中心からずれているのはこの横に同じものをもう一つ溶接するからです。

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161903j:image


f:id:rin_efficiency:20181017161930j:image


f:id:rin_efficiency:20181017161943j:image

 

 

 

トップチューブ


f:id:rin_efficiency:20181017161829j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161953j:image

はい。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで必要箇所全てに溶接しました!

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161834j:image

 

こう見ると気持ち悪いですね

 

 

 

 

 

そして最後は今回の主役とも言える、ディスクブレーキ台座を取り付けます。

 

 

 

 

 

が、ここでデカイミス。

 

 

 

削りすぎた。

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017162000j:image

フレームに接触する二箇所のうち右側をご覧ください。

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20181017192227j:image

 

 

 

削りすぎました。

何を思ったか、削りすぎたみたいです。

完全にやらかしました。

 

 

 

 

 

 

 

嘆いても仕方ないので進めます。

 

 

 

フラックスを塗って
f:id:rin_efficiency:20181017162034j:image

 

 

 

 

 

 

 

溶接!!!!

 

 

 

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161843j:image

 

 

 

どうですかこれ。

 

やりましたよ。埋めてやりました。

 

これ溶接してる時なんか面白くて1人で笑ってます。

 

 

 

 

先ほど強引に埋めたというか"盛った"部分をやすりで整えてやると...

 

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20181017192639j:image

 

 

どうだおら!!!

 

何事も失敗した後のカバーが大事ですね。

 

 

 

 

 

ブレーキ時に強度が必要なのでブリッジをつけました。
f:id:rin_efficiency:20181017162037j:image

 

 

 

 

フレーム制作の溶接は以上で終了になります。

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

あとは微調整。

 

27.2mmのシートポストが入るようにリーマーをかけます。

f:id:rin_efficiency:20181017162013j:image

 

 

 

 

バッチリです。

 


f:id:rin_efficiency:20181017162051j:image

 

 

 

bbのフェイスを整えます。
f:id:rin_efficiency:20181017162054j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161927j:image

これをやらないとbbが真っ直ぐにとりつかなくなり精度が落ちます。

 

 

 

 

やり忘れていたフォークも削ります。
f:id:rin_efficiency:20181017162008j:image

 

 

 

 

 

完成です...


f:id:rin_efficiency:20181017162023j:image

 

 

 

MTBフレームはロードバイクに比べてやる気が出ず、製作時のやる気はおろかブログ更新の頻度すら酷くなってしまいました。

 

 

興味があることだけやるのは何かと良くないことが多いのでいろんな分野の見聞を深めたいですね。

 

 

 

それと、私のブログを読んでくださる方からのコメントが励みになりました。

 

こういう機会に恵まれることがなく周りから応援されるということ自体少なかったのですが、応援というものは本当にモチベーションに変わるものです...

 

応援してくださった方々、又私のブログを読んでくださった皆さまに感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

別にこれからも書きます。

 

 

 

MTBフレームの塗装についてですが、

するかどうかは未定です。

 

 

他にも新型の革サドルバッグラグレス ロードフレームの製作などやりたいことがたくさんありますので、兼ね合いを見て決めたいと思います。

 

 

 

ですが今一番したいことはただひたすらにクロモリフレームの好きなところや似合うパーツについて語る記事を書くことです。多分そのうち書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MTBフレーム製作、

 

お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターやインスタグラムもやっているのでよければフォローよろしくお願いします。

 

製作の話はもちろん、自転車関連の話や自転車で行った場所の写真などをあげてます。

 

 

https://www.instagram.com/p/BoO9vkthtF4/

皇居での写真。なんだかんだいって初めて皇居へ自転車で来ました。#皇居 #皇居前 #パレサイ #blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォ