bpzDK-dZPMsAwQ5sRvGw5AhrKYnlexwvImthI-AmkcI

クロモリと神社と革と

自転車専門学校所属、元自転車販売店員の私、えんじの日記。クロモリとか革とか神社のこと話してます。

和柄革サドルバッグを製作してパンフレットを作った。

初めましての方は初めまして。

 

お久しぶりの方はお久しぶりです。

 

私、えんじと申します。

 

 

 

今回は和柄革サドルバッグについての記事です。

 

 

いきなり完成品。

 

 

こちらです。

 

 

f:id:rin_efficiency:20180909004741j:image

 

 

私の自転車は赤と白を遇らったBlossomlilyという名前です。f:id:rin_efficiency:20180909004901j:image

 

この自転車に似合うサドルバッグを今回製作いたしました。

 

 

 

 

革サドルバッグを作るのはこれで4作目です。

 

 

 

 

1作目

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

1作目は学校の革サドルバッグゼミで革細工のノウハウを一から学んで製作した処女作。サドルにつけるとぶらぶら触れてしまい、脚に当たるのがストレスでした。

サドルバッグとしてはそれっきりで、ずっとフロントバッグとして。ここ最近ではフレームバッグ要員でした。

 

 

 

 

2作目

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

2作目は牛床革を初めて使ったロール型サドルバッグ。

青いフレームに合わせて紺色の革で製作しましたが、やはりロール型は工具が取り出しにくいのが難点。

自転車いじりが好きな私は工具を使う機会が多いのでロール型はあまり合いませんでした。

 

 

 

 

3作目

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

3作目は見た目を重視したタイプ。今作につながる元祖です。

 

構造的には良し。ただ見た目にオリジナリティがないのと留め具に問題点ありでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

それらを踏まえた上での今回、4作目になります。

 

 

使用した素材はこちら。

f:id:rin_efficiency:20180909004146j:image

 

革はイタリアンレザーの床革です。安価な上にそこそこ耐久性があってざらりとした手触りが和柄と良く合います。

 

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20180909005526j:image

金蘭は桜色のものを使用しました。

金蘭とは、模様の一部に金糸を織り込んだ織物のことです。

赤い床革と調和させるためにこの色を使いました。

 

 

この二つを使ってサドルバッグを製作していきます。

 

 

 

 

型紙に起こした図面を革に写して裁断します。
f:id:rin_efficiency:20180909004157j:image

 

 

 

 

そして金蘭と縫い合わせます。
f:id:rin_efficiency:20180909004150j:image

 

 

サドルバッグループに通すベルトを使って...

 

 

 

ぱぱっと完成です。
f:id:rin_efficiency:20180909004206j:image

ほぼ後面写真

シートステーのドレスアップとも相まってとても美しいのではないではないでしょうか?

 


f:id:rin_efficiency:20180909004201j:image斜め後面写真

こう見るとフレーム、サドルの色とマッチしていると思います。

f:id:rin_efficiency:20180909004154j:image側面写真

細身。フレーム、サドルバッグ共に細身の一言です。スタイリッシュでスマートな感じを表現できたでしょうか。

 

 

 

構造はなるべくぶらぶら触れずにペダリング時に脚に当たらず、かつスタイリッシュな形状になるように考えました。

サラリーマンが使うビジネスバッグのようなスマートさを兼ね備えつつ、私の好きな和を前面に出しました。

 

 

出来はとても良いと思います。

自分が使いたいものを作ったのでとても満足のいく作品に仕上がりました。

 

 

 

 

 

今回の和柄革サドルバッグをこのようにポートフォリオのようにしてまとめて見ました。ようはパンフレット、写真集の様なものです。

f:id:rin_efficiency:20180909010203j:imagef:id:rin_efficiency:20180909011218j:image

f:id:rin_efficiency:20180909011308j:imagef:id:rin_efficiency:20180909010116j:image

 

 

 綴じ方は和綴じ。

 

 

 

紙は神保町にある見本帖本店で揃えました。

f:id:rin_efficiency:20180909020253j:image

 

 

 


店内は白基調で紙の見本がずらりと並べられています。お洒落な雰囲気に対し、紙を選ぶ人たちは自分を含め皆鬼気迫った様な真剣な表情でした。
f:id:rin_efficiency:20180909020227j:image

 

 

 


壁一面に引き出しがあってそこから店員が注文した紙を持ってきてくれます。
f:id:rin_efficiency:20180909020225j:image

 

 

 

 

 

あれ思い出しましたね、千と千尋に出てくる釜爺の部屋。

 

f:id:rin_efficiency:20180909020833j:image

 

 

 

 

 

 

ちなみにレイアウトはイラストレーター、印刷はキンコーズでしました。

 

 

 

 

 

 

写真撮影は七百余所神社という古墳のある神社で撮影しました。 

 

ポートフォリオ用に撮影をしに出かけたのですが夏の日差しがきつい1日でした。

 

f:id:rin_efficiency:20180909012027j:image

MKSのペダルと背景を飾る神楽殿。夏らしさが出てますね。

 


f:id:rin_efficiency:20180909012020j:image

本革チェーンステーカバー。雨や泥に晒されて物凄くなってます...

 


f:id:rin_efficiency:20180909012023j:image

リアディレーラー アルテグラ6600 10sのものです。傷だらけで年季が入っていますが壊れるまで使い続けます。

 

 


f:id:rin_efficiency:20180909012451j:image

帰り道の写真。

 

 

f:id:rin_efficiency:20180909012416j:image

ブルホーンに巻いたイタリアンレザーのニューヨークと同じ革で作ったフレームカバー。

 

手で持ってる方がフレームカバーです。

たった1、2ヶ月の経年変化でここまで色が変化しています。

 

おそらく一番掴むことの多いハンドル方部分はもっと黒くなっていくと思われます。

 

楽しみです。

 

 

 

以上。

 

 

 

 

神社の写真と自転車関係のモノをつくってばっかのえんじツイッター

 



 

 

 

 

神社の写真を撮るのに自転車が写ってないと満足できないえんじinstagram

https://www.instagram.com/p/BnbTZudB87E/

高津比咩神社。神様に愚痴と願いを聞いていただきました。明日も良い1日となりますように。#高津比咩神社 #神社 #高津 #神社巡り#blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォト