UA-118282302-1

クロモリと神社と革と

自転車専門学校所属、元自転車販売店員の私、えんじの日記。クロモリとか革とか神社のこと話してます。

千葉県の由来と時平四社の歴史の話。

いきなりですが、千葉県は「下総」「上総」安房に分かれています。

 

 

読めますか?かそう?げそう?じょうそう?やすぼう?あんぼう?違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「しもうさ」「かずさ」「あわ」です。

 

 

位置関係はざっとこんな感じ

 

f:id:rin_efficiency:20171205230721p:image分かりますよね。これが私の雑さです。

 

 

  •  千葉県の由来 

 

古語拾遺(こごしゅうい)によると、天富命阿波斎部(あわのいんべ)を率い東国に赴き、を栽培させます。

 

このとき良質の麻が成長したところを「総」(麻の事)の国といい、阿波斎部が住んだところを安房と名づけたといわれています。

総の国は都に近い方が上総、遠い方が下総と呼ばれました。

 

安房国「房」上総国下総国「総」を組み合わせて「房総と呼ばれています。

 

f:id:rin_efficiency:20171205233848j:imageこういうことです。雑ですね。

 

海や川付近の村や町は水路により貿易が盛んになって栄えますよね。昔の千葉は東京方面ではなく下の方が栄えていたということがわかります。

 

徳川家康が江戸に幕府を開いたころ、他の藩はみんな小さく、佐倉藩が一番大きな藩でした。

 

佐倉市に戦国時代の建物や歴史が色濃く残ってるのも納得がいきます。

 

明治4年(1871)の廃藩置県により、房総には館山県、佐倉県など24の県が生まれました。その後、上総・安房の地域は木更津県となり、下総の地域は印旛県となりました。

 

印旛県印旛沼の印旛ですね。サイクリングロードとしても有名で私もよく走りにいきます。

f:id:rin_efficiency:20171205234003j:image 

そして明治6年(1873) 6月15日に、木更津・印旛の両県を合わせて千葉県が誕生しました。

 

千葉一族が力を持っていたため千葉、という名前が残ったわけです。

 

 

 

と、千葉県の歴史から下総の歴史へ話をシフトします。

 

堅苦しいことが続きますが勉強だと思って! 

 

 

下総には「下総三山の七年祭り」という祭りが存在します。

 

所縁のある各神社に役割を持たせて、道路を交通規制して神輿を担いでお祭をします。

 

前に話をした高津比咩神社「娘役」です。

 

 

そして今日行った「時平神社」「長男役」になります。

 

 下総三山の七年祭りについては別枠でお話しいたします。

 

  • 「時平神社」の歴史 

 

平安時代初期、藤原時平は若くして左大臣まで登りつめます。また時平かの菅原道真太宰府左遷させたと言われています。

 

そして菅原道真が左遷先亡くなります。

 

そのほとんど直後というタイミングで、まさかの藤原時平自身も39歳の若さで死去してしまいますそれが延喜3年(903)2月25日です。

 

故に時平の死は道真の祟りと囁かれます。

 

その後時平神社が建てられたのは元和元年(1615年)でした。

 

 

実はこことは別のところにも時平神社が3つ

 

合計4つの時平神社があり、総じて時平四社と呼びます。

 

 

 

八千代市萱田下1104 萱田下公会堂隣

創立不明

 

  • 時平神社(大和田社)

〒276-0045
千葉県八千代市大和田793

慶長15年(1615年)

 

  • 小板橋時平神社(大和田社の分社)

〒276-0045
千葉県八千代市大和田311

昭和16年に大和田社から分社で創立

 

 

時平神社(大和田社)が建てられたのは慶長15年(1610年)

 

 つまり707年もの間、道真の祟りを恐れて時平を奉らなかったようです。

 

そのせいか下総には道真を祀る天神天満宮が少ないようです。

 

 

つまりこういうことです。

f:id:rin_efficiency:20171206000243j:image雑さには慣れましたか?

 

ここで話は現在へ戻ります。

 

そういう歴史のある「時平神社」へふらっと晩飯前に行ってきました。

f:id:rin_efficiency:20171205234139j:image

夜に行くとまるで道真に呪い殺された時平のほの薄暗い感情を見ているような錯覚に陥ります。

 

参道を歩き 

f:id:rin_efficiency:20171205234311j:image

 

そして本殿。陶器造りの屋根です。形式でいうと日吉造りでしょうかね。私が一番好きな造りです。

f:id:rin_efficiency:20171205234315j:image

 

 

 

神社から見える景色。思ったよりいい眺めですね。

昔の人が見ていた景色とは違いますが、同じ場所で同じ方を向いて、同じような何かを感じていた人が昔にも居た、と言うだけで少し嬉しい気がします。f:id:rin_efficiency:20171205234925j:image

 

 住所 :八千代市萱田町947 萱田町公会堂隣