bpzDK-dZPMsAwQ5sRvGw5AhrKYnlexwvImthI-AmkcI

クロモリと神社と革と

自転車専門学校所属、元自転車販売店員の私、えんじの日記。クロモリとか革とか神社のこと話してます。

ミニベロ ロードバイクを1から作ってみた。 性能を捨てた設計図編

はじめまして、えんじと申します。

 

お久しぶりの方はお久しぶりです。

 

 

 

 

さて今回は1からミニベロロードバイクを作ろう!ということでミニベロを製作しました。

 

 

1からというのは果たしてどこからが1か??という問題もありますが、今回はミニベロのジオメトリー設計からとさせていただきます。

 

 

 

 

ということで今回はミニベロの設計図についてです。

 

 

初期設計図はこちら。

 

f:id:rin_efficiency:20190205080705j:image

 

フレームは細ければ細い方が美しいという価値観を持っていますので、トップチューブをどうしても細くしたかったのです。

 

ですのでトップチューブとシートステーを一体にしました。

 

普通でしたらトップチューブには25.4mmのパイプを使用するのですが、私は14mmのパイプを二本、使用しました。

 

イメージはこんな感じです。

f:id:rin_efficiency:20190205091710j:image

f:id:rin_efficiency:20190205091656j:image

 

 

3DCADで実際に完成形を造形してみました。

 

 

f:id:rin_efficiency:20190224224002j:image

ミニベロにはいくつかホイールの種類がありますが、その中でも代表格の二つが

 

406

451

 

です。

 

これらはリム外形の話で、リムの外形、直径が451mmか406mmかということです。

 

 

ではこの二つは乗り心地がどう変わるのか。

 

406はホイールが小さいため、漕ぎ出しが軽く小回りがきく。

 

これくらいはこんなブログを読んでくださる皆様でしたら知っているかとは思います。

 

漕ぎ出しが軽いのはホイールが小さい体と何と無く想像がつくと思いますが..

 

小回りが効くのはなぜでしょうか???

 

 

 

 

それはトレイル値が小さくハンドルがロードバイクに比べてクイックになるからです。

 

 

トレイル値ってなんだ??という人に簡単に説明。

 

ヘッドチューブの延長線とタイヤ中心点を地面で測った時の値です。

 

f:id:rin_efficiency:20190224221549j:image

 

 

 

この値が大きいほど低速でのハンドリングが安定し、

逆にこの値がゼロに近いほどハンドル少しの傾きでホイールがよりダイレクトに方向転換します。

 

 

ちなみにロードバイクだとトレイル値50mm~64mmが大体の許容値、安定走行できる値になります。

 

 

 

 

話を戻します。

 

700cとミニベロを同じヘッド角、同じフォークオフセットで比較した場合、

 

 

f:id:rin_efficiency:20190224223705p:image

タイヤ外径の関係上ミニベロは必ずトレイル値が小さくなります。

 

 

トレイル値が小さい=ハンドリングがクイック

 

つまり小回りが効くわけです。

 

 

 

ここで私の設計したミニベロを見直します。

 

f:id:rin_efficiency:20190205080705j:image

 

トレイル値が55mmあります。

 

これなら安心ですね。

 

 

市販品のミニベロもトレイル値を大きく設計すればいいのに...

と思ったりもするのですが、これには設計上の問題がいくつも出てきます。

 

 

先ほども述べたように、ホイール径が小さいほどトレイル値が稼ぎにくいです。

 

 

稼ぐには

 

ヘッド角を小さくして寝かす。

フォークオフセットを少なくする。

 

ということが必要になります。

 

 

 

ミニベロでお馴染みのブルーノというメーカーのB-antという車体のジオメトリーを見てみましょう。

 

f:id:rin_efficiency:20190205083004j:image

 

https://brunobike.jp/bruno_products/minvelo_roaddrop.html

 

 

ヘッド角が69°です。

 

比較対象がないとわからないのでロードバイクのジオメトリーも用意します。

 

f:id:rin_efficiency:20190205084636j:image

http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/pinarello2014/dogma_651_geo.php

 

拾ってきたDOGMA 65.1 THINK2のジオメトリーです。

 

 

私のミニベロがシートチューブ565ですのでそれに近しい560のフレームと比べると、

 

 

 

73.2°

 

ブルーノが69°ですので4.2°違うことがわかります。

 

 

大体700cロードバイクは72から73°のヘッド角です。

 

それに対してブルーノのミニベロは69°ですからめちゃくちゃヘッドが寝ていますよね。

 

 

 

ここまでヘッドチューブ角を小さくする理由、

 

トレイル値を稼ぐためです。

 

700cのホイールでしたらヘッド角を72°くらいである程度のオフセットでしたら多めのトレイル値をとることができます。

 

 

 

が、ミニベロはそうはいきません。

 

先ほども述べましたが、ホイールが小さいため同じ数値で比較しても構造上トレイル値が、小さくなってしまうのです。

 

 

ですからブルーノはヘッド角をロードバイクではあまりない69°という数値まで寝かせているのです。

 

 

また、

このB-antは旅をコンセプトに作られた自転車です。

 

同じく旅をコンセプトに作られているランドナーでもオフセットは72°や小さくても71°(あまりみない)です。

 

 

それくらい、小さいホイールのミニベロはヘッド角を寝かせないとトレイル値を確保できない、というのがミニベロの設計上の課題なのです。

 

 

 

 

話を戻します。

 

実際問題、ヘッド角を寝かせればある程度トレイル値を稼ぐことができます。

 

が、ここで問題が。

 

 

 

フォークオフセットです。

 

今のフォークオフセットが約34mm

 

このオフセット量では殆どフォークを曲げられないのです....

 

 

このミスはフォークを曲げる瞬間に気がつきました。

 

 

私は以前からクラシカルな自転車を好んでいまして、フォークはできればベントさせたいのです。

 

 

1から設計のやり直しです。

 

 

 

このフレーム設計をやり直す際の葛藤は凄まじかったです。

 

 

フォークをベントさせたフレーム設計図がこちら。

 


f:id:rin_efficiency:20190205085527j:image

 

 

トレイル値約43mm!!!!

 

 

散々安定性の話をしておきながら、50mmから64mmがいいゾ〜とか話しておきながら、

 

 

約43mm

 

 

 

なぜこんな数値にしたか。

 

 

フォークを曲げたかったからに決まってます。

 

綺麗なベントフォークにするにはオフセットがある程度必要です。

 

画像はないのですが、3Dで作ってみたところオフセット50mmがなかなか綺麗なベントに仕上がっていました。

 

ですのでフォークオフセットは50mm確定です。

 

 

この50mmという変えられない数値を軸に、トレイル値を稼ぐにはもうヘッド角を寝かすしか方法がない。

 

ブルーノの69°よりも更に寝かせた本気の68°はもはやロードバイクよりもママチャリのヘッド角に近いです笑

 

 

 

68°までヘッドチューブを寝かせてもオフセット50mmのくそやろうが邪魔をしてトレイル値が稼げませんでした。

 

まあホイールを451ではなく406にしたのもトレイル値を稼げなかった要因の一つです。

 

ですがいいのです。

 

 

見た目が美しければ。

 

 

 

今回のミニベロコンセプトはモダンクラシック。

ストレートフォークよりベントフォークの方が似合いますし、ホイールも小さい方がミニベロらしいですよね。

 

 

 

取捨選択という言葉があるように、何かを得るには代償が必要です。

 

 

母親を蘇らすために片腕と片足を失った人もいれば、強さを求めるために人間をやめた人もいますし、世界平和に導くために犯罪者を片っ端から死に追いやって新世界の神になろうとした人もいるほどです。

 

 

私は見た目の美しさを求めるあまりに、走行性というものを捨てました。邪魔なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

はい、このような感じでミニベロの設計図が出来上がりました。

 

 

 

 

 

次記事ではフレーム製作工程をつまんで話していきます。

 

 

 

 

 

 

クロモリ Wレバーの6のメリットについて徹底分析 クロモリ好きの若者が語る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めましての方は初めまして。他の記事を読んでくださった方はお久しぶりです。

 

えんじと申します。

 

 

以前にクロモリの10のメリットについて記事を書かせていただきました。

 

よろしければ先にそちらをお読みください。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 


みなさんはWレバーという変速機をご存知ですか?

こんなものです。

f:id:rin_efficiency:20181130085856j:image

f:id:rin_efficiency:20181204164757j:image

 

 

 

ツーリング車などのクロモリフレームによく付いているイメージではないでしょうか。


今でもジオスやビアンキではwレバーが取り付けられたクロモリロードバイクが販売されてますね。

 

スポーツバイク全体を見るとwレバーの自転車なんてものは虫の息ですが、根強いWレバーファンやマニア、オタクはこの世に密やかに存在し続けています。


Wレバーを使ってみたい人や、wレバーなんて骨董品だろ?笑 今更使う意味ないじゃん笑笑 みたいに思っている方は是非読んでみてください。

 


自転車にはこう言う世界もあるんだなぁと言うことがわかると思います。

 


 

 

6のメリット

 

 

 

 

 

 

 

 

ギアを一気に軽くしたり重くしたりできる

 

 

 

シマノSTIレバーやSISですとカチカチクリックをして変速しますよね。ギヤを軽くする時なんかは一度に変速できる段数が限られていると思います。

 

Wレバーはそんなことは関係ありません


wレバーはレバーを引くだけですので、一瞬で最小ギヤ、最大ギヤを行き来することが可能です。

 

フリクションのwレバーの変速動画。#wレバー #フリクション

 

ちょっと楽しくなってしまってガチャガチャやりすぎた感はありますが、フリクションでの変速はこんな感じです。

 

信号などで停止する時、左レバーを進行方向に倒すことで瞬時にフロントがインナーに落ち、発車をよりスムーズに行うことが可能です。


上り坂の直前にリヤを瞬時に軽いギヤに変えることも可能です。

 


かく言う私はフロントシングルでWレバーを使っております。

f:id:rin_efficiency:20181204164143j:image


フロントシングルの場合でも、停車時に右レバーをガッと引くと一瞬でローギヤまで入ります。


ですがみなさんはすでに信号などで止まる際はギヤを軽くしていると思います。

 

これを読んでこう思われた方もいるでしょう...

 

 

 

 

 


停車時や上り坂前はSTIレバーでフロントディレーラーをインナーに入れて軽くすればよくね?と。

 

 

 

 

 

 

 


その通りです。


ですがフロントシングルの時やFDが不調の時はリヤディレーラーを一気にトップやローに持っていけるのは魅力的でしょう。

 

そして次のメリットへ話が繋がります。

 


 

フロントディレーラー、リヤディレーラーの調整が簡単(フリクション式)

 


Wレバーにはインデックス式フリクションがあります

 


カチカチと変速する方がインデックス式 

 

抵抗無しに無段階で動くものがフリクションです。

 

フリクションレバーを倒した分だけワイヤーを引くのでRD.FDの動く幅さえネジで調整してしまえばあとはワイヤーを張って調節終了と、細かい調整が必要なくとても簡単です。

 


シマノSTIレバーやラピッドファイア、カンパニョーロのエルゴパワーなどと比較して細かい調整があまり必要ないのでとても調整がしやすいのもメリットですね。

 


ワイヤーを通し直して、一段一段変速調整をして、途中でギヤが中飛びするからアジャスターボルトを1/4周回してワイヤーを張って...

 


そんな面倒な作業は必要ありません。


レバーは大胆かつ寛大なためそんなまどろっこしいことなど気にしません。

 

 

 

まあまあワイヤーが張っていて、FDやRDの動く範囲が正しければそれで終わりです。

 


 中には

右レバー(RD)がインデックス式左レバー(FD)はフリクションと言うものもあります。

 

 

デュラエース 7900のWレバーはそのタイプです。デュラ系は大体そうだったりします。

 

右レバー

f:id:rin_efficiency:20181204164633j:image

 

左レバー

f:id:rin_efficiency:20181204164627j:image

 

 

中にはインデックスとフリクションを切り替えて両方使えるようなシフターも存在します。対応力があって良いですね。

 


因みに、デュラエースの7800系フロントはフリクション式、リヤはインデックス式とフリクション式を切り替えられるようになっているという神構造です。

f:id:rin_efficiency:20181203034058j:image

今日の逸品28/デュラエースWレバー ( 自転車 ) - 旅からす 日本をもっと楽しもう! - Yahoo!ブログ

 

 

 

 

変速回数が減ることでストレスが減る

 

 

こちらも個人的な見解です。

 

ダウンチューブにWレバーがあるので変速するよりもハンドルから手を離さないことを優先することが増え、変速回数が減ります。

 

脚の回転に合わせてギヤ変速をするのではなく、自分が回しやすいギヤ比を覚え、そのギヤをなるべく変えずに脚を回すようになる、かもしれません。

 

 

フリクション式の場合は細かい変速をすることが減るので、自分が一番維持しやすいギヤ比を自然と覚え、それに合わせて変速するようになりますね。

 

 

 これが現代や変速機との走行面での大きな違いなのではないでしょうか。

 


STIレバーやエルゴパワーなど現代のデュアルコントロールレバーは脚の回しを一定にするため細かなギヤシフトを必要とします

 


その方がより安定した効率的な走りを可能とするからです。

 

Wレバーユーザーはレースよりもツーリング系の方にベクトルがあります。

 

忙しく変速せずにゆったりと走るのにwレバーは向いているのかもしれません。

 

要するに余計なことを考えずにぼーっと走るのには最適なわけです。

 

ですが、こまめに変速をして脚の疲労を少しでもなくすような走りをする方も多くいらっしゃるので一概にこれ!とは言えませんが、wレバーユーザーの中にはこういった考えの人もいる、ということをわかっていただけると筆者も嬉しい限りでございます。

 

 

余談ですが、

 

 

手をダウンチューブに持っていくのが億劫になり、何をとち狂ったか膝変速などということをする輩も存在します。

 

名前通り膝でレバーを蹴って変速します。

 

蹴ってレバーを倒すため、軽いギヤから重いギヤに変えることしかできません。

 

ですので蹴りが強いとギヤが一気に変わり、ペダルが重くなり脚が止まります。ここが膝変速の難しいところです。あと普通に膝が痛いです。

 

余談でした。

 

 

 

 

 

STIやエルゴパワーに比べて安い

 

 

Wレバーは安いもので5000円程度、デュラエースでも8000円に届かない程度の値段です。

 

 

ENE CICLO W-SHIFT LEVER

 

f:id:rin_efficiency:20181203034527j:image

 

●パワーラチェットNon Indexタイプ
●10段まで対応
●価格 ¥5,000(ペア

 

 

www.diacompe.co.jp

 

SHIMANO SL-7900 左右レバーセット 2/3(フリクション) X10S SL-7900

 

f:id:rin_efficiency:20181203034935g:image

 

参考価格: ¥ 8,650
価格: ¥ 7,205    
OFF: ¥ 1,445 (17%)

https://www.amazon.co.jp/SHIMANO-%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%8E-SL-7900-%E5%B7%A6%E5%8F%B3%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/dp/B004KLB022

それに10000円程度の高級なブレーキレバーを揃えると18000円です。

 

GRAN CONPE 

GC EVO Lever

f:id:rin_efficiency:20181203034702j:image

f:id:rin_efficiency:20181203034415j:image

 

●重量:300g
●価格 ¥9,400(ペア)

 

www.diacompe.co.jp

 

 

 

TRP RRL SR

The RRL SR is a classic looking single speed road lever.

 

f:id:rin_efficiency:20181203034907j:image

List price
 

 

RRL SR | TRP Cycling

 

 

SHIMANO 105 R7000のSTIレバーが定価で25326円とありましたので、7000円程安いことになります

 

名前だけを見ればwレバーはデュラエース、なのに安いのです。

 

安いことをきっかけにWレバーに手を出してみるのもありでしょう。

 

きっと違う楽しみ方を見出せるはずです。

 

 

 

 

 

自転車の転倒時に破損し辛い

 

 

STIレバーやエルゴパワーの場合、落車をしたり自転車を倒した時にレバー内のラチェットなどが壊れて変速しなくなってしまうことがあります。

普通に故障です

 

ですがwレバーは基本的にダウンチューブに取り付けられているので、転倒時に直接打撃が加わることが少ない、

 

故に壊れにくいです。

 

 

構造がデュアルコントロールレバーより簡単なことも壊れにくい要因でしょう。

 

長期的に使うことを考えると壊れにくいクロモリフレームとも相まってより長く使え、愛着が湧き、所有欲を満たしてくれることでしょう筆者は満たされています。

 

 

 

フォーク抜き輪行がやりやすい

 

これはメリットとしてもとても大きいです。

 

シフターがダウンチューブに存在し、ハンドルに付属している部品がブレーキレバーだけになります。

 

f:id:rin_efficiency:20181204000351j:image

 

 

シフターがハンドル周りにないだけでフォーク抜き輪行をする際にとても楽になります。

 

 

ブレーキワイヤーのたいこ受け部分に割りが入っているものであればレバー側からワイヤーが抜けますので、フォークからステムごとハンドルを抜いてしまえばハンドルをフレームから完全に分離することができます。

 

とても大きなメリットではないでしょうか。

 

 

 

    

 

 

 

以上がWレバーを使う6のメリットです

 

深く掘り下げて見ると意外にあるものなんです。

 

 

ですが一番のメリットは

美しさ

ではないでしょうか。

 

やはりファンの心をつかんで離さない要因はこれでしょう。

 

今回はWレバーの性能面でのメリットということで書かせていただきました。

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

他にもクロモリに似合うブレーキレバーについて記事を書いてますので、よろしければそちらのほうも読んでいただければより、クロモリへの愛が深まるのではないでしょうか。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

質問やコメント等、お待ちしております。

 

 

 

インスタ

https://www.instagram.com/p/BuGj_DaF3iK/

船橋大神宮、本殿横の扉。明るかった#blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォト

 

クロモリに似合うシルバークランクはどれか。 おすすめ クランクメーカー11選

 

 

はじめましての方ははじめまして。お久しぶりの方はお久しぶりです。

 

えんじと申します。

 

以前、クロモリに似合うブレーキレバーを4種類に分類しました。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

今回はクロモリフレームの自転車に似合うクランクについてお話しします。

 

 

 

 

クロモリフレーム、クロモリロードは全体的にシルバーパーツが多めです

 

 

その中でもクランクはフレーム、ホイールに続いて自転車のイメージを左右する要因です。

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20181122123212j:image

これは私の自転車です。クランクや他のパーツもシルバー系で統一しています。

 

 

 

昔の自転車、今でいうビンテージ車に使われているクランクはほとんどシルバークランクでした。

 

ルネエルスストロングライトTA社など華々しく美しいクランクが活躍していました。

 

その名残といいますか、歴史を継承したといいますが、現代のクロモリフレームにもシルバークランクを使うことがあります。

 

 

古さを継承した新しい自転車、

モダンクラシックというジャンルです。

 

黒いクランクをクロモリ自転車に使用するとレーシーな印象になります。

 

シルバー系のクランクの方が黒よりもクラシックにまとまってよりクロモリらしさが出ますよね。

 

 

 

ですがシルバー系のクランクってみなさんどんなメーカーのものがあるかご存知ですか???

 

 

 

 

私は以前からモダンクラシックの良さを主張していますが、モダンクラシックなシルバー系クランクは少ないようで意外とあります。

 

有名どころですとカンパニョーロですよね。

 

今回はシマノ系で紹介するのでカンパニョーロははずれます。

 

あまり馴染みのないメーカーもあるのでいくつか紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 BILLION(ビリオン)

 

 

SGシリーズ 純正クランク

¥2,916 (税込)

 

f:id:rin_efficiency:20181121225113j:imagef:id:rin_efficiency:20181121225137j:image

 

 

 

 

 lionel 純正クランク

¥4,104 (税込)

 

f:id:rin_efficiency:20181121225149j:imagef:id:rin_efficiency:20181121225154j:image

 

 

 

 

ANDEL クランク

¥6,696 (税込)

f:id:rin_efficiency:20181121225158j:imagef:id:rin_efficiency:20181121225203j:image

 

 

BILLIONのクランクは安価なのが特徴です。

お手頃価格でシルバー系クランクを揃えらるのが素晴らしいですね!

 

ビアンキのミニベロなど10万円台のモダンクラシックなクロモリに使われていることが多いようです。

 

 

 

 

 

 Traditione(トラディツィオーネ)

 

 

tradizione belloクランク

¥18,000(税別)

f:id:rin_efficiency:20181121230551j:image

 

琴線に触れるようなシルバーパーツを製作しているトラディツィオーネ。

他にもシルバーハブやエアロなシルバーシートポストなんかも販売しています。

 

 

 

 

 

 STRONGLIGHT(ストロングライト)

 

 

インパクト 110PCD クランク

ダブル

¥16,000(税別)

f:id:rin_efficiency:20181121231451j:image

 

 

 

トリプル

¥19,000(税別)

f:id:rin_efficiency:20181121231504j:image

 

 

ストロングライトはビンテージでも出回っていますが、今回は現行品のものを紹介します。

 

ストロングライトはサイズ展開が豊富なのが特徴ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

SUNXCD(サンエクシード)

 

SUNXCD CRANK

¥12,960(税込)

f:id:rin_efficiency:20181121232120j:image

 

 

ストロングライトやTAを彷彿とさせるクランク。レトロに組むときにはぴったりですね。サンエクシードが出しているチェーンリングを使えばリヤ9.10速でも対応しているそうです。

 

 

https://www.velocraft.jp/smp/item/CR-SX-00-06.html

 

 

 

 

 

GRAND BOIS(グランボア)

 

 

グランボアチェンホイール サンクフィーユ

¥34,560(税込)

f:id:rin_efficiency:20181121233118j:imagef:id:rin_efficiency:20181121233053j:image

 

 

 

美しさトップレベルのグランボアのクランク。現品限りだそうですが、このクランクの形状は他の追随を許さないほど特徴的だと思います。

 

お値段はなかなかのものですが周りとかぶることはほぼないでしょう。

 

個性を引き立たせてくれるクランクです。

 

 

 

 Velo Orange(ベロオレンジ)

 

 

グランクリュ 110 BCDフルーテッド トリプルクランクセット

¥23,000(税抜)

f:id:rin_efficiency:20181121234429j:image

 

 

 

グランクリュ ドリリアム110フルーテッド ダブルクランクセット
26,500円(税抜)

f:id:rin_efficiency:20181121234607j:image

 

 

ベロオレンジのクランクはポリッシュが美しい逸品ですね。

 

グランクリュダブルは肉抜き加工が好きな方にはオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sugino(スギノ)

 

Mighty Tour - 901D

f:id:rin_efficiency:20181122002011p:image

 

 

XD3BX-701D

f:id:rin_efficiency:20181122002004p:image

 

ALPINA2 Triple

f:id:rin_efficiency:20181122001912p:image

 

 

https://www.cycle-yoshida.com/pc/syouhin_list.php?MCODE=0267

 

 

 

こちらは有名なスギノ。安定性を求めるのならスギノですね。

 

価格は全体的に高めなものが多いですが、その分品質にもこだわっており安心してお使いいただけると思います。

 

 

WHITE INDUSTRIES(ホワイトインダストリーズ)

 

 

VBCクランク

¥32,500(税別)

f:id:rin_efficiency:20181122003227j:image

 

 

ホワイトインダストリーのロード用クランクです。

高嶺の花と言えばホワイトインダストリー。

 

チェーンホイール抜きでこの価格帯。"ホワイトインダストリーのクランクを使ってる"というだけでもはやステータスになり得るのではないでしょうか。

 

 

 

 

PHILWOOD(フィルウッド)

 

track crank set (polish)

¥148,000(税抜)

f:id:rin_efficiency:20181122004657j:image

 

ハブで有名なフィルウッドのクランクです。

 

おそらく最高額であろうお値段を裏付けするような美しいデザインとポリッシュ。

 

グランボアのサンクフィーユとはまた違うベクトルの美しさ。

 

こってりとしたランドナーを彩るサンクフィーユに対し細身の美しさを際立たせるような、もはやクランクが主役になり得るような逸品です。

まさにモダンクラシックを象徴するようなクランクではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

PAUL(ポール)

 

100% pure road crank 

¥37,000(税抜)

f:id:rin_efficiency:20181122004717j:image

 

削り出し系のパーツと言えばポール。クランクはアメリカンな感じが印象的です。

 

正統派クロモリロードというよりもピスト系に使用されることが多い印象があります。

 

 

 

 

 

ENE CICLO(エネシクロ)

 

Ene Ciclo Chainwheel Double

¥28,000(税抜)

 

f:id:rin_efficiency:20181122004729j:image

 

ルネエルスを彷彿とさせる三本アームのクランク。

三本アームの現行品ならこれですね。

 

「四本アームより五本アームのがクロモリに似合うでしょ」

「いや四本アームも現代風でかっこいいでしょ!」

 

そんな会話を一蹴するのがこのクランク。

三本アームです。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上です。

 

参考になれば幸いでございます。

 

 

シマノは殆どが黒系コンポーネントになってきていますね。

 

最新のR7000にシルバーカラーがありますがあれはシルバーというよりグレーな気がします。マットとポリッシュのコントラストが特徴ですね。

 

カンパニョーロも黒系が増えてきましたね。

やはりカーボンの時代ですのでカーボンフレームに似合う黒系のパーツが増えてくるのは当然ではあります。

 

ですがやはり金属光沢の美しさ、輝きは所有欲を満たしてくれます。

 

鉄パーツマニアやポリッシュオタクなんて人たちが生まれる理由が痛いほどわかりますね。

 

 

 

 

 

過去にはクロモリのメリットやデメリットなどの記事も書いています。よろしければこちらもご覧ください。結構ズバッとかいてます。

 

クロモリ ロードバイク 10のメリットを徹底分析。クロモリ好きが語る。 - クロモリと神社と革と

 

 

クロモリロードバイク 2つのデメリットを徹底分析。自転車専門学生が語る。 - クロモリと神社と革と

 

 

 

 

 

インスタもやっているのでよろしければフォローよろしくお願いいたします。

https://www.instagram.com/p/BuJR7zmAxpV/

本革バーテープ最高!! 革の質感を感じるために、逆に素手じゃないとハンドルを握りたくない... #本革#本革バーテープ#ニューヨーク#イタリアンレザー#タンニンなめし#自作バーテープ

 

クロモリ好きが紹介するおすすめクロモリロードバイク 27台! メーカー12選!

こんにちは、

えんじと申します。
私はクロモリが大好きです。


それは関係ないのですが、



みなさん自転車を買うときに欲しい自転車をどうやって探しますか?


ネットで検索してコンポーネントだったり色だったり見ますよね。

ですがそもそものメーカーを知らないと探しようがないです。



ということで今回はクロモリ好きの私が知っているクロモリロードを販売している11メーカーを紹介します。

※フレーム販売、ハンドメイドは紹介していません




メーカー

ARAYA アラヤ
RALEIGH ラレー
GIOS ジオス
ANCHOR アンカ
Bianchi ビアンキ
DEROSA デローザ
CASATI カザーティ
Calamita カラミータ
Tern ターン
MASI マジィ
FUJI フジ
BASSO バッソ






ARAYA RALEIGH(アラヤ ラレー)



CRT カールトンT

CRT Carlton-T|ARAYA RALEIGH


f:id:rin_efficiency:20181031233130j:plain



CRA カールトンA
f:id:rin_efficiency:20181031233114j:plain

CRA Carlton-A|ARAYA RALEIGH



CRN カールトンN

f:id:rin_efficiency:20181101000748j:plain

CRN Carlton-N|ARAYA RALEIGH




CRF カールトンF

f:id:rin_efficiency:20181031233115j:plain

CRF Carlton-F|ARAYA RALEIGH



CRR カールトンR

f:id:rin_efficiency:20181031233116j:plain

CRR Carlton-R|ARAYA RALEIGH









ARAYA アラヤ

ARAYA Diagonale
f:id:rin_efficiency:20181031233105j:plain
DIA ARAYA Diagonale|ARAYA Bicycle Project



¥85,000 (消費税別)



ARAYA Federal
f:id:rin_efficiency:20181031233106j:plain
FED ARAYA Federal|ARAYA Bicycle Project


¥62,000 (消費税別)









GIOS(ジオス)



FENICE

f:id:rin_efficiency:20181031233110j:plain
JOB International|COLLECTION GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車
¥88,000 (price without tax)
Weight 10.2kg





FURBO
f:id:rin_efficiency:20181031233111j:plain
JOB International|COLLECTION GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車
¥108,000 (price without tax)
Weight 9.9Kg





AIRONE
f:id:rin_efficiency:20181031233104j:plain

JOB International|COLLECTION GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車
¥138,000 (price without tax)
Weight 9.8Kg



FELLEO
f:id:rin_efficiency:20181031233109j:plain
JOB International|COLLECTION GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車
¥168,000 (price without tax)
Weight 9.4Kg





ANCHOR


RNC3 EX
f:id:rin_efficiency:20181031233123j:plain
RNC3 EX|製品|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor
¥140,000 
完成車重量
10.6kg(530mm)ペダル付き
10.3kg(530mm)ペダルなし







RNC3 EQUIPE

f:id:rin_efficiency:20181031233122j:plain
RNC3 EQUIPE|製品|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor
¥195,000 (price without tax)
完成車重量
9.8kg(530mm)ペダル付き
9.6kg(530mm)ペダルなし




RNC7 EQUIPE

f:id:rin_efficiency:20181031233124j:plain
RNC7 EQUIPE|製品|ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor
¥260,000(price without tax)
完成車重量
9.6kg(530mm)ペダル付き
9.3kg(530mm)ペダルなし






Bianchi

Ancora
f:id:rin_efficiency:20181031233103j:plain
www.japan.bianchi.com
¥160,000(税抜)






DEROSA

NEO PRIMATO

f:id:rin_efficiency:20181031233119j:plain


NEO PRIMATO | デローザ オフィシャルサイト

カラー Red Black
Grey Black Glossy
Bordeaux White Glossy

本体価格 ¥330,000(税別)







NUOVO CLASSICO
f:id:rin_efficiency:20181031233120j:plain
NUOVO CLASSICO | デローザ オフィシャルサイト

カラー Black Stardust NEW
Blue Chrome Glossy
Red Chrome Glossy

本体価格 ¥480,000(税別)






CASATI


MONZA

f:id:rin_efficiency:20181031233118j:plain
ACTIONSPORTS OFFICIAL WEB

Weight frame: Kg. 1,740

フレーム&フォーク価格:¥275,000(税別)








Calamita



Calamita due+
f:id:rin_efficiency:20181031233113j:plain
ACTIONSPORTS OFFICIAL WEB

フォーク:カーボン
サイズ:XS,S,M,L,XL

F&Rディレーラー:シマノ SORA 9S STIレバー

重量:9.3kg(ペダル抜き)

完成車価格:シルクブラッシュ ¥136,000(税別)
マットブラック/レーシングブルー ¥125,000(税別)
限定カラー ガンメタ ¥125,000(税別)









Calamita due
f:id:rin_efficiency:20181031233112j:plain
ACTIONSPORTS OFFICIAL WEB


フレーム素材:クロモリ(オリジナルダブルバテッド)
フォーク:カーボン
サイズ:XS、S、M、L、XL
重量:8.9kg(ペダル抜き)

F&Rディレーラー:シマノ SORA 9S ダブルレバー

完成車価格:
シルクブラッシュ ¥110,000(税別)
マットブラック、アイスホワイト ¥100,000(税別)









Tern

Rivet
f:id:rin_efficiency:20181031233126j:plain

https://www.ternbicycles.jp/2018/products/Rivet/


Price¥69,000(税別)
Speeds8
Weight10.8kg
ColorWhite , Red , Purple , Slate Blue Metallic , Olive






MASI

SPECIALE STRADA
f:id:rin_efficiency:20181031233117j:plain
SPECIALE STRADA | MASI | Lineup:取扱いブランド | 東商会


当社税抜価格¥189,000

Derailleur Front Campagnolo Centaur.
Derailleur Rear Campagnolo Centaur






GRAN CRITERIUM LEGACY
f:id:rin_efficiency:20181031233121j:plain
GRAN CRITERIUM LEGACY | MASI | Lineup:取扱いブランド | 東商会

当社税抜価格¥340,000

Derailleur Front Shimano Ultegra R8000
.Derailleur Rear Shimano Ultegra R8000




FUJI



SINARI
f:id:rin_efficiency:20181031233128j:plain
SINARI|FUJI BIKE フジ自転車

Price(完成車)¥260,000 (税別)
Sizes49cm,52cm,54cm,56cm
Color(s)Dark Chrome

Brake leversShimano 105 STI

Weight9.3kg








BALLAD Ω
f:id:rin_efficiency:20181031233129j:plain

BALLAD Ω|FUJI BIKE フジ自転車


Price(完成車) ¥108,000(税別、Chrome ¥115,000)
Sizes43cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm, 58cm
Color(s)Chrome, Matte Black
Front derailleurSimano SORA
Rear derailleurSimano SORA 9-Speed
ShiftersShimano SORA
Weight9.8kg







BALLAD R
f:id:rin_efficiency:20181031233127j:plain
BALLAD R|FUJI BIKE フジ自転車

Price(完成車)¥92,000(税別)
Sizes43cm, 49cm, 52cm, 54cm, 56cm, 58cm
Color(s)British Green, Dark Night, Champagne Gold

Front derailleurSimano CLARIS
Rear derailleurSimano CLARIS 8-Speed
ShiftersShimano CLARIS

Weight10.8kg









BASSO

VIPER 105
f:id:rin_efficiency:20181101000746j:plain
JOB International| COLLECTION GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車
Price

¥158,000 (税抜)

完成車 SHIMANO 105

Color

BLACK / RED / WHITE

Tubing

REYNOLDS 520

Size

450~560mm(C-T)

Weight

9.5Kg





VIPER SORA
f:id:rin_efficiency:20181101000747j:plain
JOB International| COLLECTION GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車
Price
¥110,000 (税抜)

完成車 SHIMANO SORA

Color

BLACK / RED / SKY BLUE

Tubing

REYNOLDS 520

Size

450~560mm(C-T)

Weight

9.9Kg








以上になります。


いつもはクロモリ自転車について深堀した記事やクロモリロードフレーム制作の記事なんかを書いています。

クロモリ自転車についてもっと深く知りたいと思いましたらぜひこちらの記事もお読みください。

きっとクロモリ自転車をもっと好きになります。


bicycle-efficiency.hatenablog.com
bicycle-efficiency.hatenablog.com







質問等ございましたらツイッターやインスタグラムでコメントをお待ちしています。

https://www.instagram.com/p/BpTlry1lFjD/
やっと秋がやって来ました。ダルレッドカラーのロードバイク、blossomlilyが一番自然に溶け込む素晴らしい季節。これから紅葉が見頃になるので色々な場所に行きたいですね。#紅葉 #秋 #四季 #日本の秋 #blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォト

MTBクロモリフレーム製作⑥ 完成!!!! フレームに小物類を取り付け

えんじと申します。

 

前回の続きからやっていきます。

 

前回は後ろ三角の溶接をしました。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

今回はディスクブレーキ台座やアウターワイヤー受け、ドリンクダボなどの小物類を取り付けていきます。

 

 

 

まずはリヤエンドのダボ穴をそぎ落とします

f:id:rin_efficiency:20181017161923j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161921j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161946j:image

 

しょっぱなからめちゃくちゃバイオレンスですね。

ここでの加工があとあと大事になってきます。

 

 

 

 

 

試しに後輪をはめてみた画像がありました。

 

f:id:rin_efficiency:20181017162048j:image

 

こう見るとああお前、自転車になったんだな…と実感します。

 

 

 

 

 

続いて、ドリンクダボを取り付けていきます。


ドリンクダボ間は64㎜ですので、64㎜で印を付けます。

 


f:id:rin_efficiency:20181017162005j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161911j:image

 

写真で見るとどこに印があるかわからないと思いますが実際に見てる私もわからなかったです。

心のきれいな人だけがわかるあれです。

 

それだとこの記事読んでる人全員心の汚大人なんzy…

おっとインターホンがなったのでちょっといってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、

まず6,0㎜の穴をあけやすいように下穴をあけます。


f:id:rin_efficiency:20181017161935j:image

 

 

 

 

そして本穴をあけます。

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017162027j:image

 

 

 

そしてここにドリンクダボをカチっとはめ込みます。

0,1㎜単位でドリルを変えたのでぴったりです


f:id:rin_efficiency:20181017161957j:image

 

 

溶接をしていくために、フラックスという溶接を助けてくれる魔法の白い粉を溶かしたものを塗ります。


f:id:rin_efficiency:20181017161916j:image

 

 

 

レッツ溶接


f:id:rin_efficiency:20181017162042j:image

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161824j:image

 

完了です。

フレームとドリンクダボのとのわずかな隙間に、真鍮ろうを溶かして流し込み溶接します。

決してフレームを溶かしてつなげてるわけではありません。


f:id:rin_efficiency:20181017161853j:image

 

アップだとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

続いて、フロントディレイラーに接続するアウターケーブル受けを取り付けます。

 

 

穴はあけずに、アウター受けをフレームにのっけて溶接します。

 

 

フラックスを塗ります。
f:id:rin_efficiency:20181017162057j:image

なんか書いてあるのは寸法をメモしてあるだけです。

 

 

 

 

 

溶接!
f:id:rin_efficiency:20181017161839j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161849j:image

こんな感じで取り付けました。

 

向きを間違えたらフロントディレーラー使えなくなりますね笑

 

 

 

ダウンチューブやトップチューブなど必要箇所にも取り付けていきます。

 

 

ダウンチューブ。
f:id:rin_efficiency:20181017161906j:image

まず寸法通りに、アウター台座をダウンチューブに置きます。

 

 

 

 

 

フラックスを塗ります。


f:id:rin_efficiency:20181017161950j:image

 

 

 

十字の目印が大まかな中心です。
f:id:rin_efficiency:20181017162017j:image

 

少し中心からずれているのはこの横に同じものをもう一つ溶接するからです。

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161903j:image


f:id:rin_efficiency:20181017161930j:image


f:id:rin_efficiency:20181017161943j:image

 

 

 

トップチューブ


f:id:rin_efficiency:20181017161829j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161953j:image

はい。

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで必要箇所全てに溶接しました!

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161834j:image

 

こう見ると気持ち悪いですね

 

 

 

 

 

そして最後は今回の主役とも言える、ディスクブレーキ台座を取り付けます。

 

 

 

 

 

が、ここでデカイミス。

 

 

 

削りすぎた。

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017162000j:image

フレームに接触する二箇所のうち右側をご覧ください。

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20181017192227j:image

 

 

 

削りすぎました。

何を思ったか、削りすぎたみたいです。

完全にやらかしました。

 

 

 

 

 

 

 

嘆いても仕方ないので進めます。

 

 

 

フラックスを塗って
f:id:rin_efficiency:20181017162034j:image

 

 

 

 

 

 

 

溶接!!!!

 

 

 

 

 


f:id:rin_efficiency:20181017161843j:image

 

 

 

どうですかこれ。

 

やりましたよ。埋めてやりました。

 

これ溶接してる時なんか面白くて1人で笑ってます。

 

 

 

 

先ほど強引に埋めたというか"盛った"部分をやすりで整えてやると...

 

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20181017192639j:image

 

 

どうだおら!!!

 

何事も失敗した後のカバーが大事ですね。

 

 

 

 

 

ブレーキ時に強度が必要なのでブリッジをつけました。
f:id:rin_efficiency:20181017162037j:image

 

 

 

 

フレーム制作の溶接は以上で終了になります。

お疲れ様です。

 

 

 

 

 

あとは微調整。

 

27.2mmのシートポストが入るようにリーマーをかけます。

f:id:rin_efficiency:20181017162013j:image

 

 

 

 

バッチリです。

 


f:id:rin_efficiency:20181017162051j:image

 

 

 

bbのフェイスを整えます。
f:id:rin_efficiency:20181017162054j:image
f:id:rin_efficiency:20181017161927j:image

これをやらないとbbが真っ直ぐにとりつかなくなり精度が落ちます。

 

 

 

 

やり忘れていたフォークも削ります。
f:id:rin_efficiency:20181017162008j:image

 

 

 

 

 

完成です...


f:id:rin_efficiency:20181017162023j:image

 

 

 

MTBフレームはロードバイクに比べてやる気が出ず、製作時のやる気はおろかブログ更新の頻度すら酷くなってしまいました。

 

 

興味があることだけやるのは何かと良くないことが多いのでいろんな分野の見聞を深めたいですね。

 

 

 

それと、私のブログを読んでくださる方からのコメントが励みになりました。

 

こういう機会に恵まれることがなく周りから応援されるということ自体少なかったのですが、応援というものは本当にモチベーションに変わるものです...

 

応援してくださった方々、又私のブログを読んでくださった皆さまに感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

別にこれからも書きます。

 

 

 

MTBフレームの塗装についてですが、

するかどうかは未定です。

 

 

他にも新型の革サドルバッグラグレス ロードフレームの製作などやりたいことがたくさんありますので、兼ね合いを見て決めたいと思います。

 

 

 

ですが今一番したいことはただひたすらにクロモリフレームの好きなところや似合うパーツについて語る記事を書くことです。多分そのうち書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MTBフレーム製作、

 

お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターやインスタグラムもやっているのでよければフォローよろしくお願いします。

 

製作の話はもちろん、自転車関連の話や自転車で行った場所の写真などをあげてます。

 

 

https://www.instagram.com/p/BoO9vkthtF4/

皇居での写真。なんだかんだいって初めて皇居へ自転車で来ました。#皇居 #皇居前 #パレサイ #blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォ

 

MTB クロモリフレーム製作 その2

この記事は前回の続きです。

 

 

前回はMTB用のクロモリフォークをクラウンとブレードを溶接するところまでやりました。

  

 

その1はこちらからどうぞ

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

続き。ディスクブレーキ台座の取り付けからです。

 

 

 

ディスクブレーキ台座取り付け治具をエンドにセットします。



月みたいな形をした黒いものが治具です。

治具にディスク台座をセットして溶接していきます。

 

f:id:rin_efficiency:20180915002956j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし見れば見るほど月みたいな形。

 

 

 

 

 

 

ポケモンでこんな形状をしたやついましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでしたっけ。ソラ、ソル、ソルロなんとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20180915002800j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶番は置いといて 

 

 ディスクブレーキ台座を仮付けしました。

 


f:id:rin_efficiency:20180915002937j:image

 

 

 

 

正面から見るとこんな感じ。フォークに対して平行ではないですが、ディスクローターに対して平行になっているので問題ありません。

 


f:id:rin_efficiency:20180915002940j:image 

 

 

 

 

 

そしてぱぱっと本付け


f:id:rin_efficiency:20180915002950j:image
f:id:rin_efficiency:20180915002947j:image

 

簡単に本付けとか言って写真二枚で終わらせていますけど、小物の角度のずれでフレームが鉄くずゴミに変わる可能性があるのでフレーム本体の溶接よりも慎重に行なっています。

 

フレームはある程度狂いが取れるので心に余裕があります。(というか必ず狂う)

 

 

 

 

 

そしてステンレスブラシで少しだけ綺麗に。


f:id:rin_efficiency:20180915002944j:image

 

ブレーキアウター台座も同じ要領で取り付けます。

 

 

 f:id:rin_efficiency:20180915003603j:image

 

この小物に関してはある程度向きがずれても性能面でのマイナスが出ないので気が楽です。

 

 

が、こういう小物こそを完璧な精度で取り付けてこそ、職人というものです。






 

 

 

 

大まかに磨いたフォーク。

 

 


f:id:rin_efficiency:20181016221046j:image

 

 

これでMTB用のクロモリリジットフォークは完成となります!

 

   MTBクロモリフレームの記事はこちらからどうぞ。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツイッターやインスタグラムもやっていますのでよろしければフォローをお願いします。

 

コメントやリプライをいただけると製作の励みになりますので、、、

 

https://www.instagram.com/p/BnbTZudB87E/

高津比咩神社。神様に愚痴と願いを聞いていただきました。明日も良い1日となりますように。#高津比咩神社 #神社 #高津 #神社巡り#blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォト

MTB  クロモリフォーク製作  その1

みなさんこんにちはこんばんははじめまして。

えんじと申します。挨拶がざつ

 

 

今製作しているMTBフレームに使用するクロモリフォークが完成しましたので過程をまとめました。

 

 

 

MTBフレーム製作はこちらから覗いてみてください。

どんな感じに自転車フレームが作られているかがわかるかと思います。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

使用する材料はこれ

f:id:rin_efficiency:20180914235945j:image

これらを使ってフォークを製作していきます。

 

 

 

フォークを二分するように両側に罫書き線を入れます。
f:id:rin_efficiency:20180914235954j:image

 

そこに水抜き穴を開けます。

f:id:rin_efficiency:20180914235950j:image

 

 

 

開けた穴からフォークのクラウンを伝って水が抜けるようにします。
f:id:rin_efficiency:20180914235942j:image

 

 

そして溶接をします。


f:id:rin_efficiency:20180915000000j:image

溶接は真鍮ろうを向かったろう付けです。

 

真鍮ろうと呼ばれる細長い真鍮の棒を、熱した鉄に当てて溶かして溶接します。

 

毛細管現象でパイプとパイプの隙間をろうが伝っていくのです。

 

 

 

 

 

フォークエンドも溶接。
f:id:rin_efficiency:20180914235933j:image

これは真鍮ろう棒ではなく、コイル状に巻いた真鍮ろうをブレードの中に仕込みますを

 

 

それを外側から熱すると...
f:id:rin_efficiency:20180914235936j:image

このように染み出て来ます。

 

 

 

 

フォークを治具にセットして、
f:id:rin_efficiency:20180915000032j:imagef:id:rin_efficiency:20180915000006j:image

 

 

 

 

クラウンにブレードを差し込みます。
f:id:rin_efficiency:20180915000038j:image

白く見えるのはフラックスというものです。溶剤のことですね。

これを塗ることによって溶接時にろうを流れやすくしたり熱による鉄の酸化を防いだりします。

 

 

 

 

 

 

溶接...

 


f:id:rin_efficiency:20180915000029j:image

 

 

 

 

とりあえず点つけ、ろうを1箇所に持って仮付けします。

 

f:id:rin_efficiency:20180915000025j:image

 

 

 

 

そして本付け


f:id:rin_efficiency:20180915000003j:image

こちらもコイル状に巻いたろうを中に仕込んで、それを溶かして溶接します。

 

中に置くので置きろうとも呼びます。

 

 

 

 

こんな感じに滲み出ます。
f:id:rin_efficiency:20180915000015j:image

 

 

 

本体の溶接が終わりました。

 

 

続いてディスクブレーキ台座を取り付けます。

 

 

前回のロードバイク製作の時は、キャリパーブレーキでしたのでクラウンに穴をあけるだけでした。

  

ラグフレームを製作した時の記事はこちら。塗装までしっかりやってるので是非みてみてください。

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

今回はディスクブレーキ仕様MTBですので、ディスクブレーキ台座を取り付けます。

 

 

 

 

 

 

ディスクブレーキ台座取り付けは次記事で。

 

 

 

 

 

 

MTB クロモリフレーム製作 ⑤ 後ろ三角溶接 その2

初めましての方ははじめまして。

 

お久しぶりの方はお久しぶりでございます。

えんじと申します。

 

 

 

クロモリのMTB フレーム製作、前回は後ろ三角の溶接を途中までやりました。

 

 

 

 

前回の記事

 

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

今回はその続きです!

 

 

マウンテンバイクフレーム製作の記事を初めて見る方はこちらからどうぞ。

 

 

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

 

マウンテンフレームを作る前はロードフレームを製作しました。

 

ロードフレーム制作の記事はこちら。

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

前回は後ろ三角 チェーンステーを加工したところでした。

 

続いてシートステーの加工に入ります。

f:id:rin_efficiency:20181002084428j:image

 

削る部分にガイドとなるシールを貼ります。
f:id:rin_efficiency:20181002084344j:image

 

 

大雑把に切って...


f:id:rin_efficiency:20181002084338j:image

このシールに沿ってざぐります。

 

 

 

 

 

 

 

するとこのようにシートチューブにぴったりとパイプがはまります。
f:id:rin_efficiency:20181002084358j:image

 


f:id:rin_efficiency:20181002084352j:image


f:id:rin_efficiency:20181002084354j:image

 

左右をはめるとこのように。
f:id:rin_efficiency:20181002084324j:image

 

 

写真でパッパッと紹介していますがピタリとはまるようになるまでに微調整を繰り返してます。

 

これがまた難しく、当ててみて点当たらないようにするまでに相当の時間を要しました。

 

 

 


全体像はこんな感じです。

 


f:id:rin_efficiency:20181002084431j:image


f:id:rin_efficiency:20181002084349j:image

 

 

 

 

 

それでは溶接をしていきます。

 

 

炎による鉄の酸化防止、真鍮ろうを流れやすくするためにフラックスという溶剤を水に溶かしたものをこのように塗りたくります。
f:id:rin_efficiency:20181002084406j:image

 

bbとチェーンステーも同様。
f:id:rin_efficiency:20181002084346j:image

 

 

エンドも塗ります。
f:id:rin_efficiency:20181002084422j:image

 

 

 

 

 

まずは仮付けです。上側にぼてっとろうを盛ります。
f:id:rin_efficiency:20181002084335j:image


f:id:rin_efficiency:20181002084318j:image

 


f:id:rin_efficiency:20181002084419j:image

 

 

 

 

 

 

 

そしてエンド幅や溶接位置があっているかを確認、微調整します。

狂い取りという工程ですね。
f:id:rin_efficiency:20181002084341j:image

 

 

 

 

仮付け 狂い取りが終わったので、次は本付け...

 

 

 

名前にシートステーのブリッジを加工します。

 

 

クロモリ管を
f:id:rin_efficiency:20181002084409j:image

 

 

シートステーにはまるように座具ります。
f:id:rin_efficiency:20181002084411j:image

 

 

 

こんな感じ。
f:id:rin_efficiency:20181002084403j:image

 

 

 

 

そして本付けです。

 

 

ブリッジ
f:id:rin_efficiency:20181002084400j:image



シートステーとシートチューブ
f:id:rin_efficiency:20181002084321j:image

f:id:rin_efficiency:20181002162230j:image

 

 

f:id:rin_efficiency:20181002161549j:image

リヤエンド
f:id:rin_efficiency:20181002161552j:image
f:id:rin_efficiency:20181002161538j:image

 

 

 

 

本付けが終了しました。

 

 

 

 

 

フレームについているフラックスをお湯と酸につけて落とします。


f:id:rin_efficiency:20181002161547j:image
f:id:rin_efficiency:20181002161600j:image

f:id:rin_efficiency:20181002161544j:image
f:id:rin_efficiency:20181002161541j:image
f:id:rin_efficiency:20181002161555j:image
f:id:rin_efficiency:20181002161605j:image

 

写真では分かり辛いかもしれませんが、ガラス化したフラックスが落ちました。

 

 

これによってヤスリやステンレスブラシで仕上げを行うことができます。

フラックスが付いているとヤスリでの作業ができませんからね。

 

 

こんな感じで軽く磨いていきます。


f:id:rin_efficiency:20181002161603j:image

 

 

 

 

 

 

次記事ではアウター受けやディスクブレーキ台座などの小物類を取り付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

最近は割と忙しくて記事更新ができませんが、忘れているわけではないです(ほんと)

 

 

私の記事を読んでくださる方がいる限り記事を書き続けますので少しでも読んでくだされば嬉しい限りです。

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

ツイッターやインスタグラムもやっているのでよろしければフォローよろしくお願いします。

 

https://www.instagram.com/p/BnEVV1lhGjg/

黄金色の葉を揺らすそよ風は夏の終わりを告げる。#blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォト

 

和柄革サドルバッグを製作してパンフレットを作った。

初めましての方は初めまして。

 

お久しぶりの方はお久しぶりです。

 

私、えんじと申します。

 

 

 

今回は和柄革サドルバッグについての記事です。

 

 

いきなり完成品。

 

 

こちらです。

 

 

f:id:rin_efficiency:20180909004741j:image

 

 

私の自転車は赤と白を遇らったBlossomlilyという名前です。f:id:rin_efficiency:20180909004901j:image

 

この自転車に似合うサドルバッグを今回製作いたしました。

 

 

 

 

革サドルバッグを作るのはこれで4作目です。

 

 

 

 

1作目

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

1作目は学校の革サドルバッグゼミで革細工のノウハウを一から学んで製作した処女作。サドルにつけるとぶらぶら触れてしまい、脚に当たるのがストレスでした。

サドルバッグとしてはそれっきりで、ずっとフロントバッグとして。ここ最近ではフレームバッグ要員でした。

 

 

 

 

2作目

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

2作目は牛床革を初めて使ったロール型サドルバッグ。

青いフレームに合わせて紺色の革で製作しましたが、やはりロール型は工具が取り出しにくいのが難点。

自転車いじりが好きな私は工具を使う機会が多いのでロール型はあまり合いませんでした。

 

 

 

 

3作目

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

3作目は見た目を重視したタイプ。今作につながる元祖です。

 

構造的には良し。ただ見た目にオリジナリティがないのと留め具に問題点ありでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

それらを踏まえた上での今回、4作目になります。

 

 

使用した素材はこちら。

f:id:rin_efficiency:20180909004146j:image

 

革はイタリアンレザーの床革です。安価な上にそこそこ耐久性があってざらりとした手触りが和柄と良く合います。

 

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20180909005526j:image

金蘭は桜色のものを使用しました。

金蘭とは、模様の一部に金糸を織り込んだ織物のことです。

赤い床革と調和させるためにこの色を使いました。

 

 

この二つを使ってサドルバッグを製作していきます。

 

 

 

 

型紙に起こした図面を革に写して裁断します。
f:id:rin_efficiency:20180909004157j:image

 

 

 

 

そして金蘭と縫い合わせます。
f:id:rin_efficiency:20180909004150j:image

 

 

サドルバッグループに通すベルトを使って...

 

 

 

ぱぱっと完成です。
f:id:rin_efficiency:20180909004206j:image

ほぼ後面写真

シートステーのドレスアップとも相まってとても美しいのではないではないでしょうか?

 


f:id:rin_efficiency:20180909004201j:image斜め後面写真

こう見るとフレーム、サドルの色とマッチしていると思います。

f:id:rin_efficiency:20180909004154j:image側面写真

細身。フレーム、サドルバッグ共に細身の一言です。スタイリッシュでスマートな感じを表現できたでしょうか。

 

 

 

構造はなるべくぶらぶら触れずにペダリング時に脚に当たらず、かつスタイリッシュな形状になるように考えました。

サラリーマンが使うビジネスバッグのようなスマートさを兼ね備えつつ、私の好きな和を前面に出しました。

 

 

出来はとても良いと思います。

自分が使いたいものを作ったのでとても満足のいく作品に仕上がりました。

 

 

 

 

 

今回の和柄革サドルバッグをこのようにポートフォリオのようにしてまとめて見ました。ようはパンフレット、写真集の様なものです。

f:id:rin_efficiency:20180909010203j:imagef:id:rin_efficiency:20180909011218j:image

f:id:rin_efficiency:20180909011308j:imagef:id:rin_efficiency:20180909010116j:image

 

 

 綴じ方は和綴じ。

 

 

 

紙は神保町にある見本帖本店で揃えました。

f:id:rin_efficiency:20180909020253j:image

 

 

 


店内は白基調で紙の見本がずらりと並べられています。お洒落な雰囲気に対し、紙を選ぶ人たちは自分を含め皆鬼気迫った様な真剣な表情でした。
f:id:rin_efficiency:20180909020227j:image

 

 

 


壁一面に引き出しがあってそこから店員が注文した紙を持ってきてくれます。
f:id:rin_efficiency:20180909020225j:image

 

 

 

 

 

あれ思い出しましたね、千と千尋に出てくる釜爺の部屋。

 

f:id:rin_efficiency:20180909020833j:image

 

 

 

 

 

 

ちなみにレイアウトはイラストレーター、印刷はキンコーズでしました。

 

 

 

 

 

 

写真撮影は七百余所神社という古墳のある神社で撮影しました。 

 

ポートフォリオ用に撮影をしに出かけたのですが夏の日差しがきつい1日でした。

 

f:id:rin_efficiency:20180909012027j:image

MKSのペダルと背景を飾る神楽殿。夏らしさが出てますね。

 


f:id:rin_efficiency:20180909012020j:image

本革チェーンステーカバー。雨や泥に晒されて物凄くなってます...

 


f:id:rin_efficiency:20180909012023j:image

リアディレーラー アルテグラ6600 10sのものです。傷だらけで年季が入っていますが壊れるまで使い続けます。

 

 


f:id:rin_efficiency:20180909012451j:image

帰り道の写真。

 

 

f:id:rin_efficiency:20180909012416j:image

ブルホーンに巻いたイタリアンレザーのニューヨークと同じ革で作ったフレームカバー。

 

手で持ってる方がフレームカバーです。

たった1、2ヶ月の経年変化でここまで色が変化しています。

 

おそらく一番掴むことの多いハンドル方部分はもっと黒くなっていくと思われます。

 

楽しみです。

 

 

 

以上。

 

 

 

 

神社の写真と自転車関係のモノをつくってばっかのえんじツイッター

 



 

 

 

 

神社の写真を撮るのに自転車が写ってないと満足できないえんじinstagram

https://www.instagram.com/p/BnbTZudB87E/

高津比咩神社。神様に愚痴と願いを聞いていただきました。明日も良い1日となりますように。#高津比咩神社 #神社 #高津 #神社巡り#blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォト



 

 

 

MTB クロモリフレーム製作 ④ 後ろ三角の溶接 その1

初めましての方ははじめまして。

 

わたくし、えんじと申します。

 

 

 

前回はMTBクロモリフレームの前三角を作りました。

 

 

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一ヶ月以上投稿が開いてしまいましたが、またポツポツと投稿していきます...笑

 

 

 

 

 

 

後ろ三角

チェーンステーシートステーですね。

f:id:rin_efficiency:20180908231530j:image

使うパイプはカイセ。エンドはリッチーです。

 

 

 

 

 

まずはチェーンステーの加工からです。

 

 

 

チェーンステーの先端に10mm深の割りを入れます。

 

入れるのですが...まさかの写真の撮り忘れ。ブログ更新を怠るとこういう事態に陥るのでよろしくないことこの上ないですね。反省します。

 

 

 

 

 

割りを入れて見栄えを良くするために斜めカットを入れた状態がこちら。
f:id:rin_efficiency:20180908231640j:image

 

 

チェーンステーを治具にセットします。
f:id:rin_efficiency:20180908231628j:image

 

 

因みに

ドライブ側のチェーンステーはスプロケがパイプに干渉しないように大きく削り取ります。
f:id:rin_efficiency:20180908231524j:image

 

 

 

 

そしてパイプを鉄板で挟み込むように固定します。
f:id:rin_efficiency:20180908231539j:image

ここで固定をしないとエンドを差し込んだ部分がずれてチェーンステーがガタガタになります。ホイールセンターが出なくなって乗られたものじゃないですね。

 

 

 

 

 

 

 

フラックスを塗ってろう付け準備完了。
f:id:rin_efficiency:20180908231551j:image

 

 

 

 

 

はい終わり。
f:id:rin_efficiency:20180908231600j:image

 

すこし溢れた真鍮ろうを削りとって...

 

 

 


f:id:rin_efficiency:20180908231556j:image

こんな感じ。

 

 

チェーンステーとエンドの溶接は完了です。

 

 

 

 

 

 

 

次、チェーンステーの潰し&曲げ加工に入ります。

 

 

 

 

ロードバイクでは潰しはしたものの曲げはしませんでした。

f:id:rin_efficiency:20180908233024j:image

 

 

タイヤ幅が狭いので28cくらいではチェーンステーに干渉しないからです。

 

 

マウンテンはタイヤ幅が広くなるのでチェーンステーに干渉しないように潰した上で曲げます。

 

 

 

 

 

 

潰し加工

 


潰すために治具を使います。
f:id:rin_efficiency:20180908231544j:image

 

 

 

このようにセット。

バイスのハンドルを左右同じ周回します。

f:id:rin_efficiency:20180908231615j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おらっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

このように潰れます。
f:id:rin_efficiency:20180908231649j:image

わたしこの潰しの見た目が嫌いなので製作モチベーションがあまり上がりませんでした...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

曲げ加工

 

 

 

曲げ加工には木の治具を使います。

 

先ほどのチェーンステーをセット。
f:id:rin_efficiency:20180908231548j:image

 

 

 

 

 

おらっ!!

 

 

 


f:id:rin_efficiency:20180908231618j:image

曲がってるのがわかると思います。

 

 

 

 

 

 

二つ並べてみるとこのような感じです。
f:id:rin_efficiency:20180908231603j:image

曲がり角度、支点、なだらかさなどいろいろありますが、

 

 


f:id:rin_efficiency:20180908231536j:image

完全に折れましたね。

折れてはいないのですが、一か所に支点が集まってしまったので折れるような形で曲がってしまいました。

 

強度的にどうなのかわかりませんが続行します。

 

 

 

 

 

冶具にチェーンステーをセットします。



このままではBBとチェーンステーを溶接できないので、チェーンステーをBBの曲面にそって座繰ります。
f:id:rin_efficiency:20180908231624j:image

座ぐりやすいように余っている部分をある程度カットします。

 

ちなみに寸法はリヤエンド430,0㎜。チェーンステーが454,0㎜なので1,0㎜余裕を持たせて23,0㎜カットします。

 

 

 

 

こんな感じにカット。ここから座繰りシールに合わせて座ぐっていきます。
f:id:rin_efficiency:20180908231631j:image

 

 

今回はここまでです。

 

 

ひとつ、

寸法についてあまり詳しく書かないのは、あまり数値的なことを話しても面白くないだろと勝手に考えているからです。

 

 

 

私の記事を読んで「こんな風に作ってるんだー」とか「おもしろい」とか何かしら感じていただけたら嬉しい限りです。

 

 

 

続きはこちら

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

 

 

最近ツイッターのフォロワーが4000人を突破しました。ありがとうございます。

 

主に自転車の風景や自作パーツなど自転車関係のことを呟いていますので宜しければフォローの方よろしくお願いします。 

 

 

 

 

 

 

instagramもやっています。神社や風景中心に写真をあげているのでよかったらフォローお願いします。

https://www.instagram.com/p/BmxYJ-dB2mL/

My shining road bike私のキラキラロードバイク#blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイクのある風景 #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真 #写真好き #サイクリング #ポタリング #ポタリングフォト

 

古いお金、寛永通宝を使ったトップキャップを作りました。

皆さんこんにちはこんばんは。

 

私、えんじと申します。

 

 

 

 

 

私が去年から構想していた自転車パーツがついに形になりました。

 

 

 

 

 

こちらです!!

f:id:rin_efficiency:20180909021700j:image
f:id:rin_efficiency:20180909021705j:image
f:id:rin_efficiency:20180909021703j:image

 

 

「古銭トップキャップ」です!

 

外径:31.8mm 

厚み :プレーン6mm

        爪 6.5mm

六角穴ボルト:4mm  

ボルト長さ:30mm

 

 

 

 

 

何故古銭トップキャップを作ったか。

 

 

えんじは"和"が好きです。

和と言っても平安、江戸、明治期と様々な時代が好きです。(明治期は和とは呼べないかもしれません)

 

そんな"和"を取り入れた自転車や自転車パーツを作りたいと常々考えておりました。

 

和要素を取り入れたいのなら昔のものをそのまま使えば良い、と考えた結果古銭を使うまでに至ったのです。

 

 

 

 

 

 

使った古銭

 

 

こちらです。

 

f:id:rin_efficiency:20180724030102j:image

 

 

 

 

はい、見ての通り寛永通宝です。

 

裏側に文と書いてあったので文銭と呼ばれる銅製のごくごくありふれた貨幣です。

 

価値的には今で言う10円程なのでしょうか。

 

どうやら日本のどこかではこの寛永通宝を実際に使用できる市があるとかないとかと言うもっぱらの噂でございます。

 

 

 

 

私自身、突飛な発想なある程度のデザインはできますが学校の都合上、肝心の製作ができない状況にありましたので、フライス盤を所有している友人を頼ることにいたしました。

 

その友人であるNさんが改良を加えた古銭トップキャップがこちらです!

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20180724030634j:image
f:id:rin_efficiency:20180724030628j:image
f:id:rin_efficiency:20180724030644j:image

 

 

単品で見ただけでめちゃくちゃかっこいい...

 

爪内部に古銭が収納され、円柱の角が落とされてより洗練されたフォルムへと変貌しました。

どうやって爪で古銭を留めたのか全く理解できませんでした!

 

 

 

 

 

プレーンタイプと爪タイプをそれぞれ自転車につけてみました。

 

 

f:id:rin_efficiency:20180724031110j:image
f:id:rin_efficiency:20180724031105j:image

 

甲乙つけがたいです。

 

真鍮と相まって落ち着いた風貌を保ちつつ、存在感を放ってくれているのでアクセントとしてはばっちしです。

 

そしてこの古銭の何よりも魅力的な所、それは"真鍮の経年変化"です、

 

真鍮は経年変化によって色がくすんでいきます。

手持ちの真鍮はどれも新しく変化は見られませんが、使っていくうちに変化していきます。

 

銅と亜鉛の合金である真鍮は、空気中や手経由で伝わる水で銅が酸化して変化していきます。

 

身近なところでいうと5円玉がそれにあたります。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

このトップキャップ、ボルトが古銭の内側に納められています。

 

ですので古銭の四角い穴に4mmアーレンキーを差し込んで締め付けができるようになっています。

 

f:id:rin_efficiency:20180909021821j:image

 

 

こちらの古銭トップキャップ、販売もしております!趣味で作成しているものですので需要などは気にしておりません。好みの会う方は是非どうぞ。

 

 

プレーンタイプが一つ2000円

爪タイプが一つ2500円で販売しています!

 

 

もし購入したいという方がおりましたらTwitterInstagramにてダイレクトメッセージをお願いいたします。

基本毎日確認しています。ツイ廃とかインスタバエとか言わない。

 

 

 

 

 

えんじTwitter

 

 

 

 

えんじInstagram

https://www.instagram.com/p/BlfBNOwBnk7/

寛永通宝を使ったアヘッドステム用トップキャップが完成しました!ボルトが埋め込まれているので古銭穴から4mmアーレンキーで締め込みが可能です!爪タイプとプレーンタイプの二種類がございます!共に径31.8mmです。価格は爪¥2,500 プレーン¥2,000での販売です!是非DMまで!#古銭トップキャップ #和パーツ #blossomlily #クロモリ #ビンテージ #クロモリフレーム #クロモリロード #ロードバイク #自転車 #自作フレーム #ラグ #ラグフレーム #自作ロゴ #roadbike #roadracer #chromoly #rug #vintage #写真好きな人と繋がりたい #ロードバイク好きな人と繋がりたい #クロモリ好き #写真

 

 

 

いつもはクロモリフレーム製作や塗装の記事を書いています。

 

 

http://bicycle-efficiency.hatenablog.com/entry/2018/04/29/%25E8%2587%25AA%25E4%25BD%259C%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AF%25E3%2581%258C%25E5%25AE%258C%25E6%2588%2590%25E3%2581%2597%25E3%2581%25BE%25E3%2581%2597%25E3%2581%259F%25EF%25BC%2581_%25E3%2582%25AF

 

MTB クロモリフレーム製作 ③ 溶接部のやすり。

えんじと申します。自転車のフレームを制作したり塗装をしたブログを書いています。

あと革サドルとか自作パーツとかの記事もちょいちょい。

 

 

 

前回はMTBフレームの前三角を溶接しました。

 

http://bicycle-efficiency.hatenablog.com/entry/2018/07/08/MTB_%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E5%2588%25B6%25E4%25BD%259C_%25E2%2591%25A1%25E5%2589%258D%25E4%25B8%2589%25E8%25A7%2592%25E3%2581%25AE%25E4%25BB%25AE%25E4%25BB%2598%25E3%2581%2591%25E3%2581%25A8%25E6%259C%25AC

 

 

 

 

続いて溶接部をやすっていきます。f:id:rin_efficiency:20180720155317j:image

 

ヘッド周り
f:id:rin_efficiency:20180720155321j:image

シート周り
f:id:rin_efficiency:20180720155328j:image

bb周り。
f:id:rin_efficiency:20180720155325j:image

このbb周りが一番やすりにくい場所でした。

パイプが集合しているので手でのやすりがとても大変で暑い中じゃこじゃこと削っていました。

 

 

 

ここで一旦夏休みに入ります。

 

リジットのフロントフォークも制作するのですがそちらは完成させてから記事にします。

 

 

 

 

季節はもう夏です。

f:id:rin_efficiency:20180724024918j:image

 

 

フレーム製作の続きはこちらから。

 

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

BROOKSの革サドルの半年後の変化!写真で見比べよう!

えんじです。

 

私は去年の12月ごろにブルックスの革サドルを購入しました。

 

クロモリといえば革サドル。

 

お尻に馴染みさえすれば乗り心地最強とまで謳われる革サドル、乗って見ない手はありません。

 

 

革サドルが届いた時の記事はこちら。

http://bicycle-efficiency.hatenablog.com/entry/2017/12/05/%25E5%25A5%25B3%25E6%2580%25A7%25E7%2594%25A8Brooks_B17_s_Special%25E3%2582%25B5%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AB%25E3%2582%2592%25E8%25B2%25B7%25E3%2581%25A3%25E3%2581%259F%25E8%25A9%25B1

 

 

サドルはこれです。

 

f:id:rin_efficiency:20180720155827j:image

 

こいつに7ヶ月、約半年以上乗った感想をつらつらと書き連ねていきます。

 

 

 

 

まず見た目の変化。

 

 

Before

f:id:rin_efficiency:20180720210651j:image

 

After
f:id:rin_efficiency:20180720210657j:image

 

 

 

 

結構変化しました。

 

 

期間は半年。走行距離はサイコンが付いてないのでわかりませんが、毎週必ず一度は8キロ走っていました。

 

お尻に沿って革がしなってくれてるので乗心地はとてもいいです。

 

家に届いた初日とその月は一週間ごとにオイルを塗っていました。

 

革が乾いてきたなぁと感じることが少なかったので、2ヶ月目以降はほぼ塗ってません。

 

 

 

 

 

乗心地。

 

 

乗心地は半年前に比べてとても良くなりました。

 

またがった瞬間に気持ちしなります。

 

革のクッション性が、段差時の衝撃や細かな振動を吸収してくれて快適に乗ることが出来ました。

 

革自体は硬いです。ノックするとコンコンと音が響きます。

半年乗った革サドル。 革ゆえに表面は堅いが、全体がしなっていい乗心地。表面は堅い。#革サドル #ブルックス #堅い

 

硬いなら座ったらお尻が痛いんじゃないの???

 

となるはずですが、段差時のみ、革そのものが下に沈みこむことによって振動を減らしてくれるのです。言うなればサスペンションみたいなものです。

半年乗ったブルックスの革サドル。真ん中の穴があるおかげで左右が別々にしなってとても走りやすい。#革サドル #ブルックス #しなり

 

真ん中に穴が開いていますが、この穴のおかげで尿道圧迫を回避できます。

 

動画を見たいただけるとわかりますが、真ん中の穴があるおかげで、ペダルを回す際に左右別々に革がしなってよりスムーズに足を動かすことができるのです。

 

 

 

最近はブルックス以外の革サドルにも注目しています。

 

BLB

f:id:rin_efficiency:20180720213033j:image
f:id:rin_efficiency:20180720213036j:image

GORIX
f:id:rin_efficiency:20180720213028j:image

 

グランコンペ

f:id:rin_efficiency:20180720213528j:image

 

 

この辺りの革サドルが気になっています。

 

どうやら私はサドルレールが全て見えているような細身の革サドルが好きなようでした。

 

イデアルやジルベルトゥなどは美しいとは思いますが、どうやらストライクゾーンから外れてボールのようです。

 

 

新たに購入し次第記事にまとめたいですね。

 

 

これからも革サドルと共に自転車ライフを送っていきます!

 

 

 

 

MTB クロモリフレーム制作 ②前三角の仮付けと本付け

どうも、えんじと申します。

 

前回はMTBクロモリフレームのパイプを座繰りました

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

続いて、パイプ同士の仮付けをして行きます。

 

 

まずはフレームを寸法通りに溶接するために治具をセットします。

f:id:rin_efficiency:20180707233543j:image角度を合わせたり、寸法を測ったりして合わせていきます。f:id:rin_efficiency:20180707233648j:image

 

 

 

 

 

 

 

シートチューブとbbシェルを...


f:id:rin_efficiency:20180707233703j:image
f:id:rin_efficiency:20180707233539j:image

 

 

 

 

仮付けしていきます。
f:id:rin_efficiency:20180707233530j:image

 

 

 

 

 

 

シートラグも仮付けします。


f:id:rin_efficiency:20180707233644j:image
f:id:rin_efficiency:20180707233636j:image

 

 

 

 

 

 

 

仮付けをしたら、定盤にセットして狂いを取ります。
f:id:rin_efficiency:20180707233552j:image
f:id:rin_efficiency:20180707233526j:image

この隙間をなくしていくわけです。

 

 

 

 

 

狂いをとったら前三角を治具にセットします。
f:id:rin_efficiency:20180707233556j:image

 

 

 

 

仮付けして...

また定盤にセットし狂いを取ります。
f:id:rin_efficiency:20180707233626j:image

 

ここでしっかり中心を出さないと乗車時にセンターが出ないのできっちり見ます。

 

 

 

 

 

 

仮付けした前三角をバイスに固定して、本付けに入ります。
f:id:rin_efficiency:20180708000648j:image

 

 

 

 

シートラグは...
f:id:rin_efficiency:20180707233613j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:rin_efficiency:20180707234731j:image

こんな感じに。

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドチューブ周りは...
f:id:rin_efficiency:20180707234735j:image

 

 

 

 

 

 

こんな感じになりましたf:id:rin_efficiency:20180707234741j:image

 

 

 

 

 

bbシェル周りはこんな感じです。

f:id:rin_efficiency:20180707234938j:image

 

 

 

 

前三角の本付けは以上になります。

 

 

 

次記事ではフィレット部分を削ってなだらかにしていきます。

 

 

 

 

MTB クロモリフレーム製作。①パイプの座繰り

みなさんこんにちは、こんばんは。

 

私は自転車のデザイン専門学校に通っているえんじと申します。

 

 

以前はクロモリのラグフレームをパイプ切削からパーツ組み付けまで行いました。

 

クロモリロードバイクのフレーム製作記事はこちら

 

bicycle-efficiency.hatenablog.com

 

 

 

さて、前回に引き続き今回はマウンテンバイク、MTB製作に入っていきます。

 

 

えんじMTBを持っていません。

ですのでフレーム製作が終わったら是非パーツを組み付けて近所の森を走りたいです。

 

 

のですが、この前初めてピストバイクに乗った際固定ギアやスキットの楽しさを知ってしまったのでピストバイクの方を先に組みたいです。

 

 

 

 

 

さて、

 

 

使用するパイプ、ラグはこちら。

f:id:rin_efficiency:20180701201905j:image

トップチューブφ28.6、ダウンチューブφ31.8はカイセイの022パイプ。

 

シートチューブφ28.6はカイセイの024パイプを使用しています。

 

 

カイセイのパイプについては過去記事で詳しく書きましたので、一緒にご覧いただけるとより理解しやすいと思います。

 

 

 

BBシェル。おそらく学校特製品
f:id:rin_efficiency:20180701201845j:image

シートラグ。おそらくロンシェン..

.f:id:rin_efficiency:20180701201917j:image

ヘッドチューブ。こちらはちょっと詳細は分かりません。
f:id:rin_efficiency:20180701201828j:image

 

 

 

 

 

 

それでは製作に入ります。

 

 

まずはパイプを適正の長さに切るためにバテット(パイプ内の段差)の位置を確認します。


f:id:rin_efficiency:20180701201912j:image

これは溶接時に薄くなっていない厚い部分でしっかりと溶接できるようにするための目安です。

 

内側を見るとわかるのですが、パイプは両端が分厚く、真ん中が薄くできています。
f:id:rin_efficiency:20180701201920j:image

 

 

 

次にBBシェルのねじ切りの向きを確認します。

 

 

正ねじが左、逆ねじが右になります。
f:id:rin_efficiency:20180701201812j:image

どちらが逆ねじになっているかを確認しないと組み付け時にBBを逆に取り付けなければならなくなってしまいます。多分それでも組める。

 

 

 

次にTT(トップチューブ)DT(ダウンチューブ)にあらかじめ長さ寸法を記入します。この方がわかりやすいですよね。f:id:rin_efficiency:20180701201822j:image

 

 

 

 

 

TT(トップチューブ)DT(ダウンチューブ)に、寸法通りの位置に座繰りシールを貼ります。

パイプとパイプを隙間なくはめ合わせるために、シールを使ってパイプを削る精度を高めます。
f:id:rin_efficiency:20180701201842j:image

このシールに沿って削れば、パイプ同士がぴったりハマるわけです。

 

 

 

BBシェル、ST、DTをはめ合わせると

f:id:rin_efficiency:20180701201817j:image

 

 


f:id:rin_efficiency:20180701201854j:image

 

このようにはまります。

 

 

 

続いて、

ST(シートチューブ)の加工に入ります。
f:id:rin_efficiency:20180701201837j:image

寸法通りにカット。

 

 

 

 

ラグにはめ込んでみます。
f:id:rin_efficiency:20180701201833j:image 

 

 

パイプのばりもなく、いい感じです。
f:id:rin_efficiency:20180701201805j:image
f:id:rin_efficiency:20180701201850j:image

 

 

 

BBにパイプが溶接されても水が抜けるように水抜き穴を開けます。
f:id:rin_efficiency:20180701201901j:image

白い三角形みたいなものはパイプ外径の位置です。ぴったりの位置に白ペンで印をつけたので、パイプが正しくBBにはめ込まれると、白い部分が全て隠れます。

 

 



 

次記事では仮付けをしていきます。